スポーツクライミングのかわいい日本女子選手TOP13!【画像あり】

・スポーツクライミングの女子選手がかわいいって本当?
・どんな選手がかわいいの?

こんな疑問にお答えします。

スポーツクライミングの女子選手がかわいいと話題になっています!

東京オリンピックで話題になること間違いなしのスポーツクライミングの女子を見逃せませんよ

今回は国内の女子の中でもかわいいと話題の13選手をご紹介します。

本記事を見れば、これから話題になる女子選手をいち早くチェックできますよ。

・スポーツクライミングでかわいい女子13選手

スポーツクライミングかわいい女子13選手をご紹介!

それでは世界的にも活躍する国内のスポーツクライミングの女子選手をご紹介します。

今回、”かわいい”と評判の13選手を独断と偏見で選出しました!

画像や動画も盛りだくさんです。それでは早速見ていきましょう。

スポーツクライミングかわいい女子①野口啓代(のぐち あきよ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

NoguchiAkiyo / 野口啓代 / のぐちあきよ(@noguchi_akiyo)がシェアした投稿

生年月日 1989年5月30日
出身地 茨城県龍ケ崎市
血液型 B型
身長 165cm
実績 2019年世界選手権複合2位、2018年アジア大会複合優勝

トップバッターでご紹介するのが日本が誇る最強女子クライマー、野口啓代さんです。

小学校5年生の時に、旅行先のゲームセンターでフリークライミングを初体験。

その後スポーツクライミングジムに通いはじめ、小学校6年の春休みに開かれた全日本ユース選手権でなんと優勝

国内ではボルダリングジャパンカップ9連覇、海外では2000年に日本人女子では初めてのリード・ワールドカップ優勝は果たすなど、偉業を達成しています。

まさに日本が誇る世界レベルのクライマーである野口さんは、競技では見られないかわいい(むしろ美しい)姿も見せてくれています。

あわせて読みたい

・野口啓代選手のスポンサーってどこの企業だろう? ・契約金はいくらくらいなんだろう? こんな疑問にお答えします。 スポーツクライミングのプロクライマーである野口啓代(のぐち あきよ)選手は多数の有名企業とスポンサー契約[…]

野口啓代スポンサー
あわせて読みたい

・野口啓代選手の実家が牧場って本当? ・場所はどこ?どんな実家なの? こんな疑問にお答えします。 プロクライマーの野口啓代選手の実家が牧場って知っていました!? この記事では野口啓代選手の実家がどこにあって、どん[…]

野口啓代実家牧場

スポーツクライミングかわいい女子②伊藤ふたば(いとう ふたば)

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤ふたば︎☺︎FUTABA ITO(@futaba_ito)がシェアした投稿

生年月日 2002年4月25日
出身地 岩手県盛岡市
血液型 非公表
身長 160cm
実績 2020年ボルダリングジャパンカップ優勝、2018年アジア選手権ボルダリング優勝

次は、最年少記録を次々に樹立している、伊藤ふたばさんです。

小学校3年生から父親の影響でスポーツクライミングを始めて、一発で15mの壁を登ってしまうなど、その才能は計り知れません。

2017年には野口啓代さんが樹立したジャパンカップ最年少記録を1年以上も更新する14歳9ヶ月で優勝を果たしています。

岩手の星として、県内での露出も多く、CMなどでTVにもたびたび出演して、かわいいと評判になっています。

2018年から最年少の日本代表としてW杯に参戦して、6位入賞するなど、今後が楽しみな選手の一人です。

スポーツクライミングかわいい女子③野中生萌(のなか みほう)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Misato(@misatokaya)がシェアした投稿

生年月日 1997年5月21日
出身地 東京都豊島区
血液型 B型
身長 162cm
実績 2019年コンバインド(複合)ジャパンカップ優勝、2019年チャイナオープン複合優勝

続いては、2018年に年間総合優勝に輝いた、野中生萌さんです。

小学校3年生の時に、登山が趣味の父親にクライミングジムに連れていかれたのがきっかけで、スポーツクライミングに興味を持ったとのこと。

2014年からワールドカップに参戦し、ボルダリング15位を果たし、アジア選手権や国内のジュニアではほぼ敵なしとなっていました。

その後も、野口啓代選手に次ぐクライマー として注目を集め、2016年にボルダリングワールドカップ年間優勝を成し遂げています。

そんな注目を集める野中さんは、そのアメリカンカジュアルが認められて「スニーカーベストドレッサー賞」を受賞しています。

芸能人に交じって、競技者とは違ったかわいい様子は新鮮ですね。

スポーツクライミングかわいい女子④小武芽生(こたけ めい)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mei Kotake 小武芽生(@mei_kotake)がシェアした投稿

生年月日 1997年5月18日
出身地 北海道札幌市
血液型 B型
身長 165cm
実績 2018年アジア選手権リード3位、2016年リード・ジャパンカップ2位

続いては、各種目で安定的な結果を残している小武芽生さんです。

小柄ながらダイナミックな戦いぶりを見せる小武さんは国内大会でも常連で、特にリードでは2019年のW杯では8位入賞を果たしています。

メディアの独占インタビューに答える姿も北海道の素朴なかわいさがあふれていますね。

スポーツクライミングかわいい女子⑤田嶋あいか(たじま あいか)

 

この投稿をInstagramで見る

 

TajimaAika(@tajimaaika)がシェアした投稿

生年月日 1998年9月13日
出身地 三重県津市
血液型 O型
身長 154cm
実績 2017年日本ユース選手権リード優勝、2017年世界ユース選手権リード2位

次にご紹介するのが、ジュニア時代から破竹の勢いがある田嶋あいかさんです。

11歳からクライミングを始めて、わずか4年後には世界ユースで優勝を成し遂げた驚異の若手選手です。

2013年から2015年の国内大会では出場する大会すべてで優勝するなど、まさに敵なしの状態。

大学は慶應義塾大学で、文武両道を体現しているスーパーアスリートでもあります。

スポーツも世界レベルで、頭もよく、さらにかわいいと大学のゼミ仲間が羨む気持ちもわかりますね(笑)

2019年のW杯も入賞を果たしているので、今後の活躍に期待したいですね。

スポーツクライミングかわいい女子⑥中村真緒(なかむら まお)

 

この投稿をInstagramで見る

 

中村 真緒 ✴︎ Mao Nakamura(@mao___nakamura)がシェアした投稿

生年月日 2000年3月2日
出身地 東京都港区
血液型 未公表
身長 157cm
実績 2018年アジアユース選手権ボルダリング優勝、2015年全日本ユースボルダリング優勝

次のスポーツクライミングかわいい女子は、高1で日本一に輝いた中村真緒さんです。

いろいろな習い事をやっていた小学校の時に、唯一続いたのボルダリングという中村さん。

全くの無名で出場した全日本クライミングユース選手権で、競合ひしめくボルダリングで優勝を果たしました。

リフレッシュするときは「家でゴロゴロ」という中村さん。

雑誌のインタビューでは、女子選手として体のメンテナンスの大切さも語っていました。

張り詰めた中にもすこし緩めなところがかわいいと言われている理由の一つかもしれませんね。

スポーツクライミングかわいい女子⑦菊地咲希(きくち さき)

スポーツクライミング女子かわいい
引用:https://news.goo.ne.jp/article/numberweb/sports/numberweb-841815.html
生年月日 2002年9月14日
出身地 東京都
血液型 非公開
身長 154cm
実績 2019年ボルダリングユース日本選手権優勝、2019年世界ユース選手権2位

更に注目の若手クライミング女子として紹介したいのが、菊地咲希さんです。

ユース世代で活躍する女子選手として菊地選手の評価は高いです。

スラブ(前方への傾斜)で抜群のセンスを見せて、シニアでの活躍も期待されています。

まだ、若手選手ということもあり、メディアへの露出は少ないですが、2019年10月には日本新火災と所属契約を結ぶなど、将来が期待されています。

スポーツクライミング女子かわいい
引用:https://www.jma-climbing.org/athlete/profile/saki-kikuchi/

JMSCAの選手紹介で見せているはにかんだかわいい笑顔が、大会の場でも見られることでしょう。

スポーツクライミングかわいい女子⑧金子桃華(かねこ ももか)

 

この投稿をInstagramで見る

 

momoka kaneko(@momokakaneko)がシェアした投稿

生年月日 1999年11月1日
出身地 埼玉県川越市
血液型 O型
身長 165cm
実績 2016年全日本クライミングユース選手権リード3位

次に紹介するのが、クライミング界のアイドルとの呼び声の高い金子桃華さんです。

小学5年生の時に、幼馴染の誘いでクライミングを始めた金子さん。

ユースの大会では、ボルダリング、リードともに上位の成績を残して、日本代表に選ばれています。

ルックスのかわいさと高校での活躍ぶりが評判になり、TVで取り上げられたこともありました。

スポーツクライミングをする女子高生はこんなにかわいいのかと話題になっていました。

2019年にはクライミングシューズメーカーとスポンサー契約を結ぶなど、環境面も充実してきています。

今後のますますの活躍に期待したいですね。

スポーツクライミングかわいい女子⑨大場美和(おおば みわ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

コイケダイスケ(@d_koike_)がシェアした投稿

生年月日 1998年3月7日
出身地 愛知県岡崎市
血液型 O型
身長 164cm
実績 2015年アジアユースボルダリング優勝、リード優勝

次に紹介するのが、中学生1年でジュニアカップを制覇した大場美和さんです。

歯科医の父親の協力もあって、自宅で練習に励んでいた小学、中学時代の大場さん。

2015年のW杯で日本代表に選ばれて、その時のアジアユースで見事優勝を果たしています。

そんなクライミング女子を一躍有名にしたのが、こちらのCMです。

当時、とても話題になったのであなたもご覧になったことがあるかもしれませんね。

近年ではボルダリング講師としても活躍されています。

スポーツクライミングかわいい女子⑩廣重幸紀(ひろしげ ゆき)

スポーツクライミング女子かわいい
引用:https://www.frutafruta.com/blog/archives/6619
生年月日 1995年12月16日
出身地 福井県鯖江市
血液型 O型
身長 158cm
実績 2019年スピードジャパンカップ6位、2018年W杯リード18位

次のスポーツクライミングかわいい女子は、リードに定評のある廣重幸紀さんです。

父親の影響で、小学校5年生からクライミングを始めて、自らやりたいというモチベーションを高く、国内外の大会の第一線で活躍されています。

企業とのスポンサー契約もされており、ご覧の通りの美肌から、アサイーの会社とも契約されています。

インタビュー動画では、競技では見られない笑顔やかわいいところも満載となっています。

2019年はリードの国際大会派遣選手にも選抜されて、日本女子のクライマーをけん引する一人となっています。

まさにかわいくて、強いを体現されています。

スポーツクライミングかわいい女子⑪尾上彩(おのえ あや)

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾上 彩 AYA ONOE(@aya_onoe)がシェアした投稿

生年月日 1995年9月20日
出身地 埼玉県川口市
血液型 非公開
身長 158cm
実績 2018年ボルダリングジャパンカップ4位、2017年アジアカップリード優勝

残すところあと3人となりました!

お次に紹介するのが、中学生から国際大会に出場しているベテランの尾上彩さんです。

テレビで見かけたフリークライマーの小山田大さんをきっかけに、10歳の時に始めたクライミング。

気が付いたら毎日ジムに通って、他の習い事もすべて辞めてスポーツクライミングにのめりこんでいったとのこと。

その1年後、若干11歳で日本選手権を最年少優勝するという快挙は、練習の賜物とわかりますね。

一年の半分以上海外遠征をしているという尾上さんは、競技以外の場面をSNSで多く紹介されています。

遠征で帯同する代表たちとのおどけた様子や、全力で楽しんでいるところも彼女がかわいいといわれる理由ですね。

今では、TVや雑誌出演、講師などでも幅広く活躍されています。

スポーツクライミングかわいい女子⑫白石阿島(しらいし あしま)

 

この投稿をInstagramで見る

 

teamcocacola(@teamcocacola)がシェアした投稿

生年月日 2001年4月3日
出身地 アメリカ・ニューヨーク
血液型 非公開
身長 154cm
実績 2016年アメリカンボルダリングユース優勝

次に紹介するのが、ニューヨーク生まれで拠点をアメリカにおく白石阿島さんです。

6歳の時にニューヨークのセントラル・パーク内にある外岩ラット・ロックでボルダリングを知りました。

彼女がクライミングに興味があり、才能があるとわかると舞踏家である父親は、毎日白石さんをラット・ロックに連れていったそうです。

前髪パッツンでかわいい容姿、そしてクライマーとしての実力から多くの大手企業ともスポンサー契約を結んでいるのも彼女の特徴です。

一部で批判もあったものの、持ち前の柔軟性から決して自分を見失うことなく、クライミングに向き合ってきたところも人気の理由です。

スポーツクライミングかわいい女子⑬大田理裟(おおた りさ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

大田 理裟 ✿ OTA RISA(@ota_risa)がシェアした投稿

生年月日 1993年1月27日
出身地 山口県山口市
血液型 A型
身長 161cm
実績 2017年日本選手権リード2位

スポーツクライミングのかわいい女子、大トリでご紹介するのは、大田理裟さんです。

高校で山岳部の顧問をしていた父親の影響で、中学2年生のときからクライミングをはじめた大田さん。

国内外の大会で好成績を残し、2015年には女子の世界ランキング8位まで登りました。

そして、一気にスポーツクライミングの知名度とともに、多くのメディアで大田さんを目にする機会も増えてきました。

様々なインタビューはもちろん、スポーツバラエティ番組も多数出演されており、かわいい姿を目にすることができます。

今では地元山口のテレビ番組でリポーターを務めるまでになっています。素晴らしいですね!

スポーツクライミングかわいい女子まとめ

スポーツクライミングで活躍するかわいい女子選手についてお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

・スポーツクライミングは東京オリンピックの新種目となり話題になっている
・強く、かわいい13人の女子選手をご紹介
・東京オリンピックに向けて国内外での活躍が期待できる。

ボルダリングをはじめ、スポーツクライミング競技はますます話題になってくると思います。

是非、活躍する女子選手をチェックして、話題に乗り遅れないようにしましょう。

スポーツクライミング女子かわいい
最新情報をチェックしよう!